雄琴で最も長い歴史を持つ「花影」

雄琴で最も長い歴史を持つ「花影」

最後に紹介するのが、「花影」というお店です。
今となっては関西屈指のソープ街として数多くのお店が並ぶ雄琴ですが、最初に登場したのがこの「花影」というお店で、雄琴のソープ街を牽引する存在と言っても過言ではありません。
ホームページのつくりや、キャストを「コンパニオン」と表記しているあたりも、ほかのお店より歴史を感じさせます。
多くのお店が軒を連ねるなか、現在も変わらず営業を続けているということで、質の高さにも期待できます!

「花影」はエリアの南西部にあり、川筋通りを入って少し歩けば左手にお店が見えてきます。
青と白を基調とした洋風な佇まいのお店なので、すぐ見つかるかと思います。

「花影」は今回紹介したお店のなかで最も女の子の年齢層が高めになっています。
“女の子”というよりも“オトナの女性”と言うほうが正しいかもしれません。
若い女の子が好き!という人にはあまりオススメできないかもしれませんが、女性の年齢層が高いということはそれだけソープ嬢としての経験が豊富ということでもあります。

個人的な感想ではありますが、実際、ほかに紹介したお店よりもテクニックのレベルは高いと感じました。
若い女の子にはないオトナの色気も漂い、ふだんとは違った興奮のなかでフィニッシュを迎えることができたのは新鮮です。
最近は熟女を好む男性が増えていると聞きますが、それも納得できる満足度でした。
ぜひみなさんも雄琴最古のソープに足を運んでみてください。